キミのためよりボクのため

キミのために はなをつんだ
キミがよろこぶとおもってさ
だけどキミは うけとらずに
しばふのすみっこうえなおした

あぁ、なんでだろ
あぁ、きみのためだったらさ
それでいいのに
なんかちがうんだ

キミのために コトリをかう
キミがすきだっていうからさ
だけどキミは カゴをあけて
おおぞらむけてときはなった

あぁ、なんでだろ
あぁ、きみがしたいんならさ
それでいいのに
なんかちがうんだ!

そーだ、キミにかまうのは
そーだ、キミのためよりも
たーだ、キミのえがおみたい
ボクのためなんだ


キミのために ぎんかをつむ
すきなものなんかかえるように
やっとキミはうけとったら
そのままきょうかいにおいてきた

あぁ、なんでだろ
あぁ、わるいことじゃないから
それもいいけど
やっぱりちがうんだ!

そーだ、キミにかまうのは
そーだ、キミのためよりも
たーだ、キミのえがおみたい
ボクのためなんだ

La la la... La la la...

キミのほしい ものをきいた
キミわるいなんていわずにさ
なんだってさ してあげると
ボクはもうやっとわかったんだ

キミはすこし かんがえてさ
きりだすことばえらんでさ 
「あのカレとの しあわせひとつ
 それだけあれば・・・。」

・・・・・・。

そーさ!キミにかまうのは
そーさ!キミのためよりも
たーだ!キミのえがおみたい
そーさ!ぼくのためだから

そーさ!
そーさ!
そーさ!きみのえがおみたい
ぼくのためなんだ


作成時期
曲:Apr 2009 - Jan 2010
詞:Apr 2009 - dec 2014
[PR]
by cha_lyrics | 2010-02-21 13:58
蒼い光 >>